大神回天基地

本土上陸に対する反撃作戦準備より


bar2.png


 日本軍戦史の「本土上陸に対する反撃作戦準備」の中から抜粋しました。
 国立国会図書館デジタルコレクションに保存されているデータを抜粋・引用したものです。
 いずれもクリックすると拡大します。

 海上特攻部隊編成 本土作戦に関する陸海軍中央協定 決號航空作戦に関する陸海軍中央協定

 帝国陸軍要塞要図

海上特攻部隊編成


kyoutei0.jpg
国立国会図書館所蔵

 水上水中特攻部隊編成です。こちらも参考に。

back_small.png pagetop_small.png
  

本土作戦に関する陸海軍中央協定


 昭和20年4月8日に大本営海軍部及び大本営陸軍部で作成された『本土作戦に関する陸海軍中央協定』です。
 連合軍(特に米軍)の侵攻に際し、本土周辺における陸軍と海軍の作戦担当を区別し、海軍の陸上基地の作戦担当も明確にしています。
 また海軍水上水中特攻基地に関しては海軍がその兵力を集中指向できるように協力するように定めています。

kyoutei1.jpg
国立国会図書館所蔵

kyoutei2.jpg
国立国会図書館所蔵

kyoutei3.jpg
国立国会図書館所蔵

kyoutei4.jpg
国立国会図書館所蔵

kyoutei5.jpg
国立国会図書館所蔵

 附表第一 水上作戦に関し海軍指揮官の指揮を受くる陸軍部隊
 備考には
 一、陸軍部隊の自衛及び陸上作戦の目的を以て配置する砲塞は所要に応じ水上作戦に協力するもの
  とし其の細部は現地陸海軍指揮官に於て協定するものとす
 二、下関、壱岐及釜山要塞の一部とは主として朝鮮海峡の閉塞等の水上作戦の為配置せられたる
  部隊を謂ひ其の細部は現地陸海軍指揮官間に於て協定するものとす
 とあります。

 関係指揮官には各鎮守府・警備府司令長官がなっています。

kyoutei6.jpg
国立国会図書館所蔵
 附表第二 海軍特攻基地設定概位

 回天は石巻付近や八戸付近にも配備を予定していたのではないかと考えられます。
 実際には配備されていません。

 ※参考資料・帝国陸軍要塞要図
帝国要塞要図
陸軍・帝国要塞要図

back_small.png pagetop_small.png
  

決號航空作戦に関する陸海軍中央協定


 昭和20年7月13日に大本営海軍部及び大本営陸軍部で作成された『決號航空作戦に関する陸海軍中央協定』です。
 西日本方面の連合軍(特に米軍)の侵攻に際し、特攻を主力してこれを撃滅することを主眼においています。

kyoutei7.jpg
国立国会図書館所蔵

kyoutei8.jpg
国立国会図書館所蔵

kyoutei9.jpg
国立国会図書館所蔵

kyoutei10.jpg
国立国会図書館所蔵

 細部は以下の指揮官間に於いて協定するとあります。

 航空総軍司令官
  第一航空軍司令長官 第五航空軍司令長官 第六航空軍司令長官
 海軍総司令長官
  第三航空艦隊司令長官 第五航空艦隊司令長官 第十航空艦隊司令長官

kyoutei11.jpg
国立国会図書館所蔵

 ※残念ながら海軍の航空兵力配備並運用計画はありません。

back.png pagetop.png
inserted by FC2 system