大神回天基地

艦艇・重火器等


bar2.png

 
 ※各詳細のページはただいま一部編集中です。申し訳ありません。

@艦艇・船舶・特攻兵器等

 

あるぜんちな丸
貨客船「あるぜんちな丸」

 大阪商船の南米航路貨客船。
 優秀船舶建造助成施設により建造された、特設航空母艦予定船。

特設空母「海鷹」
特設空母「海鷹」

 貨客船「あるぜんちな丸」を改造した特設空母
 シンガポール等の海上護衛任務に従事。その後、訓練目標艦。

駆逐艦「夕風」
駆逐艦「夕風」

 峯風型駆逐艦の10番艦。
 ミッドウェー海戦等に従事した後は空母着艦訓練に従事する。
 空母海鷹を牽引した駆逐艦。

第一号型輸送艦
第一号型輸送艦

 戦争後半に出てきた高速輸送艦
 急迫した戦況に対応するためブロック工法で建造される。
 回天や海龍の輸送など最前線への強行輸送任務に従事。

海大3型潜水艦

 海大2型の後継艦。
 大正年間に建造された潜水艦。戦果をあげるも後に練習艦となる。
 大戦末期には回天輸送艦に改造。回天輸送任務等に従事。

伊153型潜水艦(海大3型a)
「伊158」

 海大2型の後継艦。
 開戦当初二流艦にはなっていた。戦果をあげるも後に練習艦となる。
 大戦末期には回天輸送艦に改造。大神基地等に回天を輸送する。

伊156型潜水艦(海大3型b)
「伊156」

 海大3型aの後継艦。
 開戦当初二流艦にはなっていた。戦果をあげるも後に練習艦となる。
 大戦末期には回天輸送艦に改造。大神基地等に回天を輸送する。

特設捕獲網艇「第一號桐丸」

 特設捕獲網艇
 捕獲網の敷設、監視及び対潜掃討を任務に従事した。
 大戦末期には大神基地の基地関連資材の輸送任務や
 回天合同訓練の標的船として従事している。

海上特攻兵器「震洋」

 海上特攻兵器
 ベニヤ板の船体の先端に爆装して体当たり攻撃を敢行した。
 大戦末期、回天同様全国各地の特攻基地に配備された。

魚雷艇「隼艇」

 魚雷艇の一種。
 船体は既存の魚雷艇のままで、魚雷兵装を撤去し機銃を増備した艇。
 震洋と同様に大神基地にも配備された。

大発動艇
(十四米特型運貨船)

 十四米特型運貨船は海軍での名称。
 陸軍の技術協力によって海軍においても大量に生産・運用された。
 艇後部にエンジンと操舵を備え、その前方全てを物件搭載に当てた。

十五米作業艇

 回天訓練用に製造された艇。
 回天を両サイドに係留して行動することが可能。

機帆船

 沿岸航路の海運に用い続けられた内燃機関搭載の木造船。
 純粋帆船に焼玉機関の搭載し、瀬戸内海など各地の石炭や雑貨輸送で
 かなり重要な地位を占めた。
 日本軍に徴用され大神基地でも目標船として訓練に使用された。

一式陸上攻撃機
一式陸上攻撃機

 九六式陸攻の後継機
 最高速度428q/h、航続距離(攻撃過荷)4,287qという性能を発揮。
 フィリピン航空戦、マレー沖海戦、ソロモン航空戦に参加。
 耐弾性能の悪さから「一式ライター」という名称も。
 主に一一型 (G4M1)・一二型(G4M1)・二二型 (G4M2)・
 二四型 (G4M2A)・二四丁型 (G4M2E) 桜花11型搭載・
 三四型 (G4M3)などがある。
 大神基地開隊翌日の4月21日に大神村瀬上南方約1500mに不時着。
 救難艇を派遣し搭乗員を救出した。ただし墜落した型式は不明。
 詳細は「A−2 海上設備」を参照

九七式三号艦上攻撃機(B5N2)
九七式三号艦上攻撃機(B5N2)

 九七式一号艦攻(B5N1)のエンジンを栄11型に換装した性能向上型
 931空の主力として索敵や哨戒・対潜攻撃として活躍した。
 海上護衛戦で特設空母海鷹にも搭載された。

USS Essex
USS Essex

 アメリカ海軍のエセックス級航空母艦
 (USS Essex, CV/CVA/CVS-9)。
 1942年12月31日に就役し、中部太平洋及びレイテ沖海戦にも参加。
 特攻機による損害を受けるも戦線復帰し、日本各地を空襲した。

F4U-1D
F4U-1D

 戦闘爆撃機型。
 水噴射装置付きR-2800-8Wエンジンを装備した機体。
 主脚の改良により着艦が容易になり、空母で使用され始める。
 チャンス・ヴォート社が製造した。
 

A重火器・その他の兵器

 

 九六式二十五粍高角機銃 

 フランスのオチキス(ホチキス)製25mm機関砲を基に
 1935年(昭和10年)に開発されたガス圧作動方式の対空機関砲。

十四年式拳銃

 南部式大型自動拳銃に改良を加えた派生型の銃。
 1945年(昭和20年)の第二次世界大戦敗戦まで
 日本軍の主力拳銃として生産・使用された。総生産数は約28万挺。

九九式軽機関銃

 1930年代後期に開発・採用された軽機関銃。
 火器の口径を6.5mmから7.7mmへ拡大した軽機関銃。

九九式小銃

 1930年代後期に開発・採用された小銃
 九九式軽機関銃と同様に口径を6.5mmから7.7mmへ拡大した小銃。
 九九式短小銃(海軍では単に九九式小銃と呼称した)を量産向上のため
 一部を簡略化したもの。

手投涙弾

 通称「みどり」とも言われた非致死性の兵器。
 目や喉を刺激して激しい催涙効果を示す。

手投円錐弾

 陸戦用兵器・戦車破壊用
 70mmの鋼板に穴を開けることができた。

大型手投円錐弾

 陸戦用兵器・戦車破壊用
 75mmのNVNC(均質圧延)鋼板に100%穴を開けることができた。

小型地雷

 陸戦用兵器・対人対戦車破壊用
 地中に埋設してその上を踏んだ際に爆発させた。

 九二式特受信機二型改四 

 元々潜水艦用として開発された受信機。
 動作や使い勝手が良好で、大戦を通し海軍の全艦艇及び基地で
 使用された。

TM式短移動
無線電信機改二

 九二式特受信機等と併用して陸上固定局用として使用された。
 大神基地の引渡目録には「無線電信機」としか書かれていない。
 送信室壕にはガソリン発電機が設置されていたため、送信用電源として
 ガソリン発電機を利用したこの無線機を使用したと思われる。

 タンガー充電器

 タンガーバブル(熱陰極整流放電管)を使用した充電器。
 交流電源からタンガー充電器を通して直流に変換し、
 蓄電池に充電していた。

亜式信号灯

 アセチレンガスを使用した信号灯。
 電源が故障した場合や、電源の取れない小舟艇にて使用された。

三式掃海具

 対艇式及び単艇式の掃海具で、磁桿(棒磁石)を曳航して磁気機雷を
 処分した。一型、二型及び三型の3種類が兵器採用された。

 

 ―

 004-NKI


home.png back.png next.png pagetop.png

inserted by FC2 system