大神回天基地

G変電所




 この施設は大神の中でも屈指の施設です。
 ここにどのような施設があったのか不明ですが、変電施設があったのは間違いなさそうです。
 文献によると日出町内にあった変電所を通じてここに高圧電気を送っていたようです。
 また大分県公文書館所蔵「電気省局往復書類綴」の「旅行証明発行団体として証明書発給及証明に関する件」には、 昭和19年12月1日に設立された九州電気工事株式会社が県内の軍事に関係する施設等の電気工事のため、汽車による移動のための証明を得ていたことがわかります。
 そのリストの中に「大神 大分海軍施設部」の名前が見られました。
 大分県の「配電順位等級表」によると渇水時の電力不足対策の為に軍事最優先にしていたことがわかります。
 全県下主要な施設が網羅されていますが、残念ながらこの資料には大神基地の名前は出てきていません。

 海軍施設部についてはこちら

8_1.png
各科倉庫壕(北)及び周辺概略図

@西側入口付近

 遠景です。高さは10m以上あるかと思います。
 
 
8_1_1.jpg
2013年5月管理者撮影
クリックすると拡大します。

@西側入口付近・左側

 入口付近にはいくつか四角の穴があいています。
 どのような役割だったかはわかりません。
 
 
8_1_1_1.jpg
2013年5月管理者撮影
クリックすると拡大します。

@穴内部

 穴の内部です。
 奥には木の板がはめられているのがわかります。
 周囲には施工時の板跡の境がよくわかります。
 
8_1_2_1.jpg
2013年5月管理者撮影
クリックすると拡大します。

@西側入口付近・右側

 左側と同じような構造ですが、一部分だけ調査の為掘り下げていた箇所がありました。
 約1m弱ほどでしょうか?土砂が堆積しているのがわかります。
 
 
8_1_3_1.jpg
2013年5月管理者撮影
クリックすると拡大します。

@西側入口付近・右側

 この壕はコンクリートで固める際に段階的に入れていたのではないかと考えています。
 ある一定の高さで画像のような「境」があるのがわかりました。
 
 
8_1_4_2.jpg
2013年5月管理者撮影
クリックすると拡大します。

A壕内部

 雨が降ると内部は画像のように水浸しになってしまいます。
 
 
8_2_1_1.jpg
2013年5月管理者撮影
クリックすると拡大します。

A壕内部

 少し水が引いた時の様子です。
 溝が壁沿いに切られているのがわかります。
 
 
8_2_2_1.jpg
2013年5月管理者撮影
クリックすると拡大します。

A壕内部

 壁にはフックのようなものがつけられていました。
 用途はわかりません。

 
8_2_3_1.jpg
2013年5月管理者撮影
クリックすると拡大します。

B壕内部・天井付近

 上を見上げると2ヶ所に用途はわかりませんが、円形の穴が見えました。
 
 
8_3_1_1.jpg
2013年5月管理者撮影
クリックすると拡大します。

B壕内部・天井付近

 拡大したものです。
 照明用だったのかもしれません。
 周囲の堰板の跡がよくわかります。
 
 
8_3_2_1.jpg
2013年5月管理者撮影
クリックすると拡大します。

C東側入口付近

 床にはコンクリートブロックが2つ見られます。
 同様のものが西側にもあるかもしれません。
 
 
8_4_1.jpg
2013年5月管理者撮影
クリックすると拡大します。

 

D東側入口付近

 東側入口です。
 撮影した時期が雨あがりのためここまでが限界でした。
 
 
8_5_1_1.jpg
2013年5月管理者撮影
クリックすると拡大します。

 

D東側入口付近

 用途は不明ですが、カギフックみたいなものがついていました。
 
 
8_5_2_1.jpg
2013年5月管理者撮影
クリックすると拡大します。
 


images/home.png contents.png back.png next.png pagetop.png
inserted by FC2 system