大神回天基地

N燃料格納壕




 
 燃料が格納されていた壕です。
 内部はL字状になっており、奥には空気抜け穴がありました。

 引渡目録によると、終戦時には
 アルコール:3,000L
 重油:600L
 外部鉱油400L
 内部鉱油1,600L
 が、格納されていました。

 戦後もしばらくこの中に一部の燃料がそのままにされていたと言われいます。
 1945年8月30日付で大神漁業組合に引き渡した燃料がそのままにされていたのではないかと
考えられます。

燃料格納壕遠景

 南側より撮影
 燃料格納壕はかつて木製の桟橋があった場所の坂から登った先にあります。
 

2012年11月管理者撮影

燃料格納壕近景

 南側より撮影
 現在は内部に水が張っていて中に入ることはできません。
 日によっては曲がり角のところまで見ることができます。



 

2012年11月管理者撮影

燃料格納壕から見た遠景

 北側より撮影
 木製の桟橋があった付近を撮影。
 現在は防潮堤が造られています。
 遠くには見張所があった大崎鼻を望む。


 

2012年11月管理者撮影






inserted by FC2 system