⑬辷(すべり)




 魚雷調整場から続くレールの終わりがこの辷です。
 このレールは2列あり、電動捲揚機が設置されていました。
 回天は訓練時だけでなく潜水艦で輸送された回天を引き揚げる際にも使用されたと考えられます。
 回天だけでなく震洋や水偵の揚陸にも使用されていたと考えられます。

 

元辷(すべり)近景

02/7/13_1_1.jpg
2012年11月管理者撮影

 北側より撮影
 現在は埋められてしまい公園になっています。
 付近には発射見張り指揮所(櫓)があり、訓練時には搭乗者及び同乗者は司令に訓練内容を報告して、整備された回天がある魚雷調整場まで走っていきました。



 
back_small.png pagetop_small.png
 

④回天格納壕内部2

02/7/13_2_1.jpg
2012年11月管理者撮影

 南側より撮影
 当時を偲ばせるものは残されていません。
 十兵舎は若葉隊が20名が寝食を共にしたところです。
 水偵格納庫には水偵や飛行機運搬車の他に訓練で使用された震洋が格納されていました。

 大神基地の水偵隊は昭和20年6月24日に杵築飛行基地(詳細不明)より大神基地司令宛に基地設営完了(杵築機密第242122番電)を送っていますが、翌日の26日に守江(現在の杵築市)に移動しています。

 




inserted by FC2 system