大神回天基地

大神基地


bar2.png


より大きな地図で 大神回天基地関連地図 を表示
(大神基地周辺関連地図・JARIN編集)
※うまく表示されない場合は拡大してご覧ください。随時更新していきます。

ただしこの地図の情報には一部調査中のものが多数あります。
推定位置は資料を元にしていますが、あくまでも「推定位置」です。
取り扱いにはご注意ください。

大神突撃隊司令印

(大神突撃隊司令印・戦時日誌より・JARIN編集)

 大神基地はその天然の良港を見込まれ海軍工廠候補地になり、回天基地へと誕生しました。
 開隊しても基地設備は完成しておらす、基地の設営から始まり、厳しい訓練生活の日々が続き、
 空襲対策から地下壕へ設備を移動しました。
 そして、終戦を迎えるのです。
 その大神基地の歴史や設備等を当時の資料等から追っていきます。

@基地の歴史

  

   @−1 回天訓練基地・大神基地の建設と大神突撃隊の開隊

      大神海軍工廠の建設から回天基地創設、大神基地の組織を解説します。

   @−2 回天輸送と初訓練

      大神基地までの回天輸送方法と初訓練までを解説します。

  mshin01.gif

   @−3 訓練と整備

      大神基地における回天の訓練方法及び整備状況を解説します。

  mshin01.gif

   @−3−1 大分の空襲と空母「海鷹」

      大分市内の空襲と空母「海鷹」の擱座について簡単に解説します。

   @−4 若葉隊の出撃

      出撃隊は選抜されたメンバーで構成されていました。
      訓練から麦ケ浦基地までを解説します。

   @−5 本土決戦準備

      大神基地も訓練基地としてだけではなく、本土決戦に備え最前線の基地として、
      準備が進められていました。

   @−6 終戦とその後

      8月15日。それは大神基地にとってもその使命を終えた日でもありました。
      大分県内の終戦処理もあわせて解説します。

A基地の設備及び変遷

  

   A−1 陸上設備

      現存する陸上設備を中心に解説していきます。

   A−2 海上設備

      海上設備を資料を通して解説していきます。


home.png back.png next.png pagetop.png

inserted by FC2 system